離婚の種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

離婚には3つの方法があります。まずは協議離婚ですが、ほとんどの場合、離婚はこのパターンとなります。双方の話し合いにより、離婚が成立することになりますが、その話し合いが進まない場合は、弁護士に入ってもらうのも一つの手段です。その上で、離婚に関しての諸条件をまとめ、それを書面として残してもらうのです。これにより、後々のトラブルを防げますし、何よりも精神的な負担が軽減されるのが大きなメリットです。

次に、調停離婚です。話し合いで解決できない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てすることになります。この場合は調停委員を介しての話し合いとなりますので、双方が顔を合わせることなく、条件を調整していきます。ただこの際、相手のペースに巻き込まれて不利益な条件を飲まされることも少なくはありません。調停を有利に進めるには、弁護士への依頼が欠かせないのです。

そして、裁判離婚です。ここまでもつれることはほとんどありませんが、離婚の成立を裁判官へ委ねるケースです。調停が不成立に終わった場合は、この裁判離婚へと進みます。これは裁判ですので、法廷に出頭したり、証拠の提出などが求められますので、やはり弁護士に相談するといいでしょう。