慰謝料と弁護士

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

協議離婚にせよ、調停離婚、裁判離婚にせよ、大きなネックとなるのが慰謝料です。ただ、この慰謝料はどのように相手に請求し、その相場や内容はどのようなものなのかは、個人ではなかなか分からないものです。そうした場合は、弁護士に相談することがベストな選択でしょう。

慰謝料は相手側に落ち度があり、離婚を余儀なくされたことによる、精神的な苦痛に対して支払われるものです。この離婚を余儀なくされる原因として多いのが、浮気などの不貞行為やDV、セックスレスなどです。慰謝料の相場としては、これは精神的苦痛の大きさや年齢、収入などにより様々ですので、一概には言えません。ただ一般的には500万円以下となることが多いようです。

慰謝料を請求するには、相手側の落ち度を証明する証拠が必要となります。浮気現場を押さえた写真や、DVであれば医師による診断書などでしょう。こういった証拠を揃え、そして弁護士の力を借りることで、慰謝料を相場以上に請求できることがあります。

離婚は後々にまでずるずると引き摺ることなく終わりたいものです。慰謝料請求に関しても、相手側の都合に振り回されるのも面倒なだけでしょう。労力と時間を無駄にすることなく、離婚を進め、慰謝料を請求するためには、まずは弁護士に相談するのが賢明な手段です。

参考リンク・・・離婚弁護士
離婚について相談を受付ている小原法律特許事務所です。