離婚は弁護士に依頼

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日本は離婚率が高い国です。ある統計によると3組に1組の割合で離婚は発生しています。つまり、離婚は決して他人事ではないのです。いつ自分がその立場になるかは分かりません。では、いざ離婚という決意が芽生えたとき、その離婚に対してどのような覚悟で臨めばいいのでしょう。

離婚の原因は多種多様です。浮気などの不貞行為や、DV、不労や借金などの経済的なもの、義理の両親との不仲などがあります。原因はその家庭により違ってきますが、ただ、最終的には離婚という方法に落ち着いていくわけです。

しかし、全てのケースでこの離婚がスムーズに進むわけでもありません。感情や金銭面でのもつれから、泥沼化していくこともあるのです。そういった事態に陥らないためにも、離婚を考えたらまずは弁護士に相談することをおすすめします。離婚は双方の話し合いによる協議離婚という形式が最も多く、そしてこの離婚がもっとも望ましいものとなります。

しかし、それでもトラブルが発生することもあり、いくら話し合いでの離婚とは言え「離婚協議書」などの作成も含め、弁護士に相談するほうがいいでしょう

離婚の際に、もっともトラブルとなりやすいものとして、慰謝料があります。これは、精神的な苦痛に対して請求できる賠償金のことで、この額にいわゆる相場はありません。ただ、弁護士に依頼することで、その額が増額されるケースは多いのです。このサイトは、弁護士と離婚の慰謝料について説明します。